VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)の配当金が入りました

配当金

VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)の配当金が入りました。
株式投資を始めてから5か月が過ぎて
続々と配当金が入ってくるようになりました。

配当金


16.03ドル(約1650円)の配当ですがコツコツ増やしていけば
毎月の不労取得が増えていくわけですね


増配しているじゃないですか
前回、減配してがっかりしていましたので
ETLって配当金の上下がけっこうあるのですね

投資している米国個別株が安定して配当金がでるので
ETFも安定していると思っていました。

SPYDの増配がすごかったから
ちょっとかすんでしまってますね
SPYDの記事はこちらから
SPYD(SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF)の配当金が入りました

DMM.com証券の申込はこちらから
【SBIネオモバイル証券】の申込はこちらから

株価、配当利回り

2021/1/2時点
バンガード・米国高配当株式ETF(VYM)
株価:91.51ドル
配当利回り:3.18%
権利確定月:3月、6月、9月、12月

株価も上がって含み益がでて満足です。
大統領選挙後は大きく値上りするってのは勉強になりました。
4年後の選挙前に値下りした時を見て購入する事にします。

楽天証券の米国株式の取引手数料は約定代金の0.495%(税込)かかります。
DMM.com証券では、米国株式の取引手数料は、約定代金にかかわらず一律0円です。
DMM.com証券の申込はこちらから

特徴

こちらの資料から抜粋しました。
バンガード®・米国高配当株式ETF

経費率は0.06%

バンガード社の概況報告書から抜粋しましたが
経費率をこれだけ低く抑えて投資家に還元しているとの事です。
SPYDは0.07%でした。

約400銘柄に分散投資

上記で構成株式銘柄数が428と発表されています。
SPYDは78社に分散投資していました。


これだけの銘柄を業績や配当利回りで見て入替してくれるのが
ETFの魅力なのですね
ジョンソンエンドジョンソン、P&G、インテルは日本でも馴染みがあり
AT&Tとエクソンモービルの株は持っているぞw

年配当の推移


過去10年は綺麗に右肩上がりで増配しています。
さすが米国高配当株式ETFです。

楽天証券の米国株式の取引手数料は約定代金の0.495%(税込)かかります。
DMM.com証券では、米国株式の取引手数料は、約定代金にかかわらず一律0円です。
DMM.com証券の申込はこちらから

【SBIネオモバイル証券】の申込はこちらから

楽天モバイルの申込はこちらから

楽天カードの申込はこちらから

地球一周の船旅【ピースボート】

楽天トラベルの予約はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました