PPL(パシフィック・パワー・アンド・ライト)の配当金が入りました

202104_PPL 配当金

PPL(パシフィック・パワー・アンド・ライト)の配当金が入りました。

配当金

202104_PPL

18.67ドル(約2000円)の配当ですが
コツコツ増やしていけば
毎月の不労取得が増えていくわけですね

202104_PPL
直近1年は配当金変わっていません。
コロナでも公益事業 – マルチラインは強いです。

楽天証券の米国株式の取引手数料は約定代金の0.495%(税込)かかります。
DMM.com証券では、米国株式の取引手数料は、約定代金にかかわらず一律0円です。

DMM.com証券の申込はこちらから
【SBIネオモバイル証券】の申込はこちらから

株価、配当利回り

202104_PPL

2021/4/4時点
PPL(パシフィック・パワー・アンド・ライト)
株価:28.77ドル
配当利回り:5.77%
権利確定月:3月、6月、9月、12月

株価上昇しても
配当利回り5%以上ある
すごい銘柄です。

米国株は為替がある事と
税金が米国と日本の2重になって
ややこしいですが
それを引いても利益が固いというメリットがあります。

楽天証券の米国株式の取引手数料は約定代金の0.495%(税込)かかります。
DMM.com証券では、米国株式の取引手数料は、約定代金にかかわらず一律0円です。
DMM.com証券の申込はこちらから

企業情報

概要

業種:公益事業 – マルチライン

事業概要:ピー・ピー・エル(PPL Corporation)はユーティリティー持株会社である。

事業内容:子会社を通じて、同社は、イギリス、ペンシルベニア州、ケンタッキー州、バージニア州とテネシー州の顧客向け電気の提供、ケンタッキー州の顧客向け天然ガスの提供、ケンタッキー州発電所での発電を行う。同社は3つの事業区分を運営する。イギリス規制事業は、PPL WPD Limited’s (WPD) 規制の配電事業、WPDの収益の英ポンドから米ドルへの換算をヘッジした結果などのPPLグローバル、並びに米国の法人所得税、行政コスト、配分された資金調達コストなどの特定のコストを含む。ケンタッキー州規制事業は、Louisville Gas and Electric Company (LG&E)とKU Energy LLC (LKE)の運営を含む。ペンシルバニア州規制事業は、PPL Electric Utilities Corporation (PPL Electric)を含む。

業績

202104_PPL

コロナでも売り上げ下がってないですね
電気の供給だからそうなりますね

年配当の推移

202104_PPL

楽天証券の米国株式の取引手数料は約定代金の0.495%(税込)かかります。
DMM.com証券では、米国株式の取引手数料は、約定代金にかかわらず一律0円です。
DMM.com証券の申込はこちらから

【SBIネオモバイル証券】の申込はこちらから

楽天モバイルの申込はこちらから

楽天カードの申込はこちらから

地球一周の船旅【ピースボート】

楽天トラベルの予約はこちらから

コメント

  1. […] 同額の配当金 […]

タイトルとURLをコピーしました