運用状況

2022年1月資産運用月間報告

202201_月間報告 運用状況

株式投資を始めて
1年6か月がたちました。
2022年1月末の資産運用の
確認をしていきたいと思います。

資産構成比

202201_月間報告

国内株

日経平均がガタ落ちなだけに
構成比が0.5%下がってます。

株主優待が改悪、廃止した銘柄の
売却のタイミングを見ている状態で
全体的に株価が下がっているので
塩漬け継続です。

購入した2銘柄

ビーアールホールディングス(1726)
業種名:建設業
株主優待:100株以上を1年以上継続保有で
クオカード500円が年2回

GMOフィナンシャルHLDGS (7177)
業種名:証券・商品先物取引業
株主優待:手数料キャッシュバック

DMM.com証券の申込はこちらから

米国株

S&P500指数もガタ落ちなのに
なぜか構成比が0.5%上がってます。

1ドル114~115円代で
110円切ってくれなかなぁと
ドル買いを躊躇しています。

早くNISA枠120万円購入したいけど
円安、米国株値下りで
ちょっと様子見です。

DMM.com証券では、米国株式の取引手数料は、約定代金にかかわらず一律0円です。
DMM.com証券の申込はこちらから

投資信託

楽天証券の投資信託5万円を継続しています。
楽天カード決済で楽天500ポイントと
楽天市場の買物がSPUで+1倍のポイントが入ります。

銀行預金

楽天銀行のハッピープログラムでVIPをキープするために100万円以上の預金
ゆうちょの預金で全国のATMで引落や娘とのやりとりに使用しています。

証券預金

日本円はマネーブリッジで楽天銀行に送金されますので
米国株の配当金のドルが残っています。

DMM.com証券の申込はこちらから

業種別ポートフォリオ

国内株

202201_月間報告

株主優待でクオカードが多いサービス業、不動産業、建設業、卸売業と
株主優待の食事券があたる小売業で49.9%占めています。
業種を変えて分散投資を意識するようにしています。

DMM.com証券の申込はこちらから

米国株

202201_月間報告

私の場合、銘柄を限定しての集中投資するのではなく
より多くの銘柄に分散投資するスタイルなので
構成比は細かくなっていきます。

ETFと割安個別株の銘柄を探して
毎年NISA枠120万円の投資になります。

DMM.com証券では、米国株式の取引手数料は、約定代金にかかわらず一律0円です。
DMM.com証券の申込はこちらから

資産運用結果

資産推移

202201_月間報告

国内株と投資信託は下がっていますが
なんとか先月よりは上昇しています。

こうやって見ると
2021年の11月が悪すぎただけで
右肩上がりは順調です。

評価額推移

202201_月間報告

国内株は
またまた下落して
米国株の評価額を下回ってしまいました。
購入金額に対して評価金額は112.35%です。

米国株は更に上がりましたね
S&P500は下がっているので
ETF2銘柄は影響を受けています。
他の銘柄ががんばってくれたということですね
購入金額に対して評価金額は140.12%です。

S&P500は下がっているので大打撃です。
10万円くらい評価下がりました。
購入金額に対して評価金額は115.54%です。
これで毎月500楽天ポイントが入ってくるのは良いです。

DMM.com証券の申込はこちらから

日経平均指数

202201_月間報告
月末ごとに見ると
めっちゃ下がってますね
来月からは上昇してください。

DMM.com証券の申込はこちらから

S&P500指数

202201_月間報告

S&P500指数は
めっちゃ下がってますね。

米国株は値上りを期待していますが
安定した高配当の方がもっと期待してますので
この先が楽しみです。

DMM.com証券では、米国株式の取引手数料は、約定代金にかかわらず一律0円です。
DMM.com証券の申込はこちらから

株主優待、配当金

202201_月間報告

国内株は
先月のピークが過ぎて
1社のみ
0でなくて良かったです。

米国株の配当金は
安定して入ってきます。
2022年NISA枠を早く購入したいです。

国内株
コード 銘柄 業種名 株主優待、配当金詳細とブログのリンク
8917 ファースト住建 不動産業 22円の配当(同額)

国内株は銘柄数を
増やしていくので
年々増えていきます。
とても楽しみです。

DMM.com証券の申込はこちらから

米国株
コード 銘柄 業種名 株主優待、配当金詳細とブログのリンク
SRET グローバルX 世界リート ETF 世界リート ETF 0.05ドルの配当(同額)
ARCC エイリス・キャピタル クローズドエンド型投資信託 0.41ドルの配当(同額)
MAIN メイン・ストリート・キャピタル 企業金融サービス 0.1ドル特別配当
MAIN メイン・ストリート・キャピタル 企業金融サービス 0.215ドルの配当(0.005929ドル増配)
GSK グラクソ・スミスクライン 医薬品 0.51683ドルの配当(0.00068ドル減配)
PPL パシフィック・パワー・アンド・ライト 公益事業 – マルチライン 0.415ドルの配当(同額)

GSKの減額はわずかなので
同額にすれば良いのにね
MAINの配当金UPです。

DMM.com証券では、米国株式の取引手数料は、約定代金にかかわらず一律0円です。
DMM.com証券の申込はこちらから

楽天モバイルの申込はこちらから

楽天カードの申込はこちらから

地球一周の船旅【ピースボート】

楽天トラベルの予約はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました