2021年12月分のSPYD(SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF)の配当金が入りました

2021112_SPYD 米国株式

2021年12月分の米国株の
SPYD(SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF)の
配当金が入りました。

SPYDの場合は
3月、6月、9月、12月の権利落日の
当月月末に配当金が入ります。

配当金

2021112_SPYD

16.76ドル(約1900円)の
配当ですがコツコツ増やしていけば
毎月の不労取得が増えていくわけですね

2021112_SPYD
減配がひどいですね
0.12756ドルの配当で
0.259022ドル減配ですよ
1/3じゃないですか

とはいえ
減配は銘柄を入替したためで
次回の配当は
かなりの増配が期待できます。

DMM.com証券の申込はこちらから

株価、配当利回り

2021112_SPYD

2021/12/26時点
S&P 500 高配当株式ETF(SPYD)
株価:41.28ドル
配当利回り:3.75%
権利確定月:3月、6月、9月、12月

株価の右肩上がりも
コロナ前の株価で止まりました。

減配がきいていますね
配当利回り5%代から3%代まで
落ち込みました。

楽天証券の米国株式の取引手数料は約定代金の0.495%(税込)かかります。
DMM.com証券では、米国株式の取引手数料は、約定代金にかかわらず一律0円です。
DMM.com証券の申込はこちらから

特徴

こちらの資料から抜粋しました。
SPDR®ポートフォリオS&P500®高配当株式ETF

経費率は0.07%

2021112_SPYD

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ社のサイトから抜粋しましたが
経費率をこれだけ低く抑えて投資家に還元しているとの事です。

約80銘柄に分散投資

SPYDは約80社に分散投資しています。
高配当企業を絞り込んでいるという事ですね

2021112_SPYD 2021112_SPYD
これだけの銘柄を業績や配当利回りで見て入替してくれるのが
ETFの魅力なのですね
知らない企業ばかりです。
これは面白い
上位を調査して来年の個別株購入の参考になるよ

年配当の推移

2021112_SPYD
2015年開始でまだ6年程なのですね
コロナの影響で連続して右肩上がりにはならなかったです。

楽天証券の米国株式の取引手数料は約定代金の0.495%(税込)かかります。
DMM.com証券では、米国株式の取引手数料は、約定代金にかかわらず一律0円です。
DMM.com証券の申込はこちらから

楽天モバイルの申込はこちらから

楽天カードの申込はこちらから

地球一周の船旅【ピースボート】

楽天トラベルの予約はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました