2020年9月資産運用月間報告

月間報告

2020年9月末の資産運用の月間報告をします。

資産構成比

株式投資を始めて2か月
最初に購入した国内株が66.8%も占めていますが

7)信託投資月5万円(年60万円)+米国株NISA枠年120万円の残りで国内株

こちらの私のルールに従って投資信託と米国株の割合が徐々に増えていく予定です。

DMM.com証券の申込はこちらから

業種別ポートフォリオ

次に国内株の業種別ポートフォリオになります。
左が購入価格、右が銘柄数

不動産業、サービス業はクオカード、ギフトの優待が多いので上位にきてますね
次に飲食店はお食事優待券目当てになります。
探してみるとお食事優待券の優待利回りが低く総合利回り3%以下が多かったので
他に投資してでた利益で食事した方が得だと思いました。
あとは色々と分散投資したつもりですが
自動車関連企業が業種名をかえて多く存在してましたね
日産がらみで痛い目をみました。

米国株の業種別ポートフォリオになります。

ETFとS&P500の連続増配株を選んで購入しました。
世界リートETFの0.1%はNISA枠120万円を使い切るため購入しました。

DMM.com証券の申込はこちらから

資産運用の損益表

次に資産運用2か月の損益表になります。

国内株が順調に値上りしているのに対して
米国株の落ち込みがひどいですね
まだ始めたばかりなので
これからどうなるかです。

3)信用取引は絶対やらない
4)長期投資を行う(売買益で儲ける事は考えない)

こちらのルールに従ってトータルで元本割れしていなかったらOK
配当と株主優待の収益が得られればOK
このスタイルで資産運用を続けていきます。

DMM.com証券の申込はこちらから

日経平均指数

7月下旬から始めていきなり118,000円の含み損ですよ
8月は順調に値上がりして約300,000円もの含み益がでました。
9月の国内株の含み益が一時600,000円超えまで上がったのですが
権利確定日以降の値下がりがひどかったです・・・

DMM.com証券の申込はこちらから

S&P500指数

9月通しての米国株の下落もきつかったですね
なんとか国内株の含み益でトータルプラスになっている状態です。

楽天証券の米国株式の取引手数料は約定代金の0.495%(税込)かかります。
DMM.com証券では、米国株式の取引手数料は、約定代金にかかわらず一律0円です。
DMM.com証券の申込はこちらから

楽天モバイルの申込はこちらから

楽天カードの申込はこちらから

DMM.com証券の申込はこちらから

地球一周の船旅【ピースボート】

楽天トラベルの予約はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました