2021年9月分のARCC(エイリス・キャピタル)の配当金が入りました

202110_ARCC 配当金

2021年9月分の米国株の
ARCC(エイリス・キャピタル)の
配当金が入りました。

エイリス・キャピタルの場合は
3月、6月、9月、12月の権利落日の
当月月末に配当金が入ります。
ですが米国から日本の
時差と受渡で手元に入るのは
翌月月初になります。

配当金

202110_ARCC

36.9ドル(約4090円)の配当ですが
コツコツ増やしていけば
毎月の不労取得が増えていくわけですね

202110_ARCC
0.01USD増配していますね
コロナでもクローズドエンド型投資信託は強いです。

楽天証券の米国株式の取引手数料は約定代金の0.495%(税込)かかります。
DMM.com証券では、米国株式の取引手数料は、約定代金にかかわらず一律0円です。

DMM.com証券の申込はこちらから

株価、配当利回り

202110_ARCC

2021/10/3時点
エイリス・キャピタル(ARCC)
株価:20.63ドル
配当利回り:7.80%
権利確定月:3月、6月、9月、12月

更に株価上昇して
配当利回り8%は切りましたが
それでも7%以上あるという
すごい銘柄です。

米国株は為替がある事と
税金が米国と日本の2重になって
ややこしいですが
それを引いても利益が固いというメリットがあります。

楽天証券の米国株式の取引手数料は約定代金の0.495%(税込)かかります。
DMM.com証券では、米国株式の取引手数料は、約定代金にかかわらず一律0円です。
DMM.com証券の申込はこちらから

企業情報

概要

業種:クローズドエンド型投資信託

事業概要:エイリス・キャピタル(Ares Capital Corporation)は専門金融会社であり、クローズドエンドの非分散型管理投資会社である。

事業内容:同社の投資目的は、債務と株式投資を通じて当期利益と資本増価を生成することである。同社は主に米国の中間市場企業に投資するが、時には、より大きなまたはより小さい企業向けの特に初期段階の投資および・またはベンチャーキャピタルの投資を行うことがある。同社は主に第一順位の抵当権付きローン(通常は第一担保ポジションにあるシニアローンとメザニンローンの両方を組み合わせたローンであるユニトランシェローンを含む)、第二順位の抵当権付きローン、及び場合によっては株式を含むメザニン債務に投資する。同社は自動車、ビジネス、消費品、容器包装など様々な業界に投資する。同社の投資顧問会社はAres Capital Management LLCである。

業績

202110_ARCC

中小企業に投資してハイリスクハイリターンを実現している企業のようです。
アメリカでは収益の90%以上を配当として支払うことで法人税が免除されるそうです。

年配当の推移

202104_ARCC

やっぱりコロナで2020年は減配していましたね
コロナ終息後に期待しましょう。

楽天証券の米国株式の取引手数料は約定代金の0.495%(税込)かかります。
DMM.com証券では、米国株式の取引手数料は、約定代金にかかわらず一律0円です。
DMM.com証券の申込はこちらから

楽天モバイルの申込はこちらから

楽天カードの申込はこちらから

地球一周の船旅【ピースボート】

楽天トラベルの予約はこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました